M&Aニュース検索

アスラポートダイニング、子会社がTOMONIゆめ牧舎の株式取得

  • 1
  • 2015年8月20日

外食店舗運営のアスラポート・ダイニング【3069】は、子会社の弘乳舎が、TOMONIゆめ牧舎の株式の一部を取得すると発表した。

アスラポート・ダイニング代表取締役社長の檜垣周作氏がTOMONIゆめ牧舎から取得する分と合わせて、TOMONIゆめ牧舎株式の議決権の60%を保有することとなり、また、TOMONIゆめ牧舎はアスラポート・ダイニングの特定子会社となる。

TOMONIゆめ牧舎は、25 ヘクタールの放牧地と 100 ヘクタール以上の牧草地を所有し、これらを活用して乳牛の放牧畜産を営む農業生産法人であり、生乳の出荷や仔牛の生産を主な事業内容としている。

アスラポート・ダイニングは、焼肉、居酒屋等の外食フランチャイズを中心に全国で428店舗を展開。多層的な付加価値を生み出すビジネスモデルの構築に取り組んでおり、それを実現するための4つの戦略として「既存ブランドの競争力強化と成長」、「ブランド・ ポートフォリオの多様化」、「海外市場への進出」、「食品生産事業と六次産業化への取り組み」を掲げている。

乳製品等の製造・販売を行う弘乳舎は、上記戦略の「食品生産事業と六次 産業化への取り組み」を実現するため、対象会社の株式の一部を取得し、子会社するもの。