M&Aニュース検索

キャプチャ

日本動物高度医療センター、アークレイと業務提携検討へ ペットの高度医療提供へ

  • 6
  • 2015年8月20日

2次診療専門の動物病院である日本動物高度医療センター【6039】は、臨床検査関連のアークレイと、業務提携に向けた検討を開始すると発表した。

日本動物高度医療センターグループは、飼い主にとってのかかりつけの動物病院との緊密な連携のもと、動物医療サービスを提供している。 一方、アークレイは、糖尿病や尿検査を中心に、長年ヒト用の医療機器・試薬の開発で培ってきた技術をもとに、動物医療の現場へ製品を開発・提供してきた。

近年、ペットの動物医療に対する高度化の需要が高まっていることから、日本動物高度医療センターグループの強みである高度な動物医療サービス提供体制と、各種ツールを、アークレイの有する世界各国に広がる販売・サービス網やノウハウなどの事業資産と融合し、新たな製品・サービスとして、開発・提供する目的。

今後、両社で具体的な協議を行っていくとしている。