M&Aニュース検索

長谷川香料、タバコ葉加工の世界大手UNIVERSAL社と業務提携

  • 1
  • 2015年8月19日

総合香料メーカーの長谷川香料【4958】は、UNIVERSAL CORPORATIONの主要事業子会社であるUniversal Leaf Tobacco Company,Inc.(以下「UNIVERSAL社」)と業務提携を行う合意に至ったと発表した。

UNIVERSAL社は、タバコ葉の加工販売業者の中で世界最大手の一角を占め、世界5大陸30か国以上で事業を展開しており、また、タバコ葉事業以外にも、高品質の乾燥野菜及び果物の製造も手掛けている。

長谷川香料は、数千種類以上の天然香料、合成香料の原料を調合し、食品・飲料等の加工食品に使用されるフレーバーや化粧品・日用品等に使用されるフレグランスを年間約14,000品目販売する総合香料メーカーとなる。

長谷川香料では、天然原料の安定的な確保及び調達先の分散が従来からの課題の一つと考えており、ま た、UNIVERSAL社は、保有資産と農学の知識を有効活用して、取扱作物の多角化を企図していたため、今回、両社は業務提携を行い、まず、バニラビーンズ栽培のパイロットプロジェクトに協働して取り組むことで、長谷川香料にとって将来的な天然原料の安定調達ルートの構築を図っていくこととなったもの。