M&Aニュース検索

荏原製作所、インドネシアのメンテナンス会社を買収 東南アジア地域における事業拡大

  • 4
  • 2015年8月19日

荏原製作所【6361】は、インドネシアの回転機械のメンテナンス会社であるPT. Turbindo Chikara Surya社(以下「TCS社」)の発行済株式の95%を取得する手続きを完了したと発表した。

荏原製作所は2017年3月までの3年間を対象期間とする中期経営計画において、海外サービス&サポート事業の拡大を基本方針の一つとし、市場が大きく成長することが見込まれる新興国を中心に拠点の拡充を進めており、とりわけ東南アジア地域は、荏原製作所の製品が数多く納入されている、経営戦略上重要な地域だとしている。

TCS社はインドネシアに本拠をおく、ポンプ、コンプレッサ、タービン等の回転機械のメ ンテナンス事業者であり、同社の買収により、回転機械に対する総合的なサービス&サポー ト事業を展開することが可能となるとしており、今後は現地において迅速なアフターサービス対応を望む顧客のニーズに確実に応えるとともに、経済発展に伴い産業が拡大する東南アジア地域における事業拡大を進める考え。