M&Aニュース検索

産業革新機構、テレマティクスサービスのスマートドライブへ出資

  • 3
  • 2015年8月12日

産業革新機構は、テレマティクス*情報の解析やそれに付随するサービス構築を主軸にビジネスを展開するスマートドライブに対し、今後の事業推進に必要な資金として6.6億円を上限とする出資を行うことを決定したと発表した。
またスマートドライブに対しては、アクサ損害保険も出資を決定している。

近年、ドライバーの運転特性に応じて保険料が割引されるテレマティクス保険や運転履歴を中古車販売に活用するサービスなど、テレマティクス情報を活用した様々なサービスが欧米を中心に普及しており、日本国内においても自動車関連の新サービスの創出や既存サービスの高度化・効率化が期待されている。

スマートドライブは、車社会をビッグデータで変革すべく2013年に設立されたベンチャー企業で、テレマティクス保険、車両動態管理、自動車ディーラーのCRMツールなど、様々なサービス展開を可能にする業界・サービス横断的なテレマティクス情報プラットフォームの構築を目指している。またスマートドライブは、総務省がベンチャー企業による新事業の創出を支援する2014年度I-Challenge!(ICTイノベーション創出チャレンジプログラム)の第1号案件として採択され、「自動車のOBD-Ⅱとスマートフォンの連携を用いたテレマティクスデータ活用技術」事業に取り組んでいる。

*テレマティクスとは、テレコミュニケーションとインフォマティクスから作られた造語で、移動体に携帯電話などの移動体通信システムを利用してサービスを提供することの総称をいい、一般的には、自動車、輸送車両などへのサービス提供に対して使用されているもの。