M&Aニュース検索

日本創発グループ、エス・ワイ・エスと資本業務提携 収益力向上へ

  • 3
  • 2015年8月11日

DTPサービスビューローの東京リスマチックを傘下にもつ持株会社の日本創発グループは、11日、エス・ワイ・エス(以下「SYS社」)と資本・業務提携を行うと発表した。

日本創発グループは、企業のクリエイティブニーズに対して、多様なリソースと先進技術を駆使して、幅広い製品をワンストップで提供している。

SYS社は、特殊印刷を強みとしており、疑似エッチング・エンボス・コールドフォイル・LC コースト/ホロコート超光沢やフィルム印刷 、さらにはホログラム印刷、PP/PET 加工など、 様々な特殊印刷技術を基幹技術として、多様化するトレーディングカードの需要に対応してきた。加えて、大手玩具メーカー企業等からのトレーディングカード、印刷玩具類のOEMの受注増により業績を伸ばしている。

今回の業務提携により、両社における顧客サービスの一層の向上・顧客層の拡大及び収益力の向上はもとより、長期的には日本創発グループ及びSYS社相互の生産インフラ及び関連の製造ノウハウを組み合わせることで、新たな事業分野への展開に向けた取り組みを行っていく。 また、業務提携の内容を確実に推進するため、日本創発グループはSYS社株式の所有割合を5%を上限に、SYS社が行う第三者割当増資を引受ける。