M&Aニュース検索

伊藤忠商事(8001)、子会社の伊藤忠メタルズが住商鉄鋼販売の製鋼原料事業を承継

  • 7
  • 2015年8月3日

伊藤忠商事(株)【8001】の連結子会社である伊藤忠メタルズ(株)は、住商鉄鋼販売(株)との間で、住商鉄鋼販売の製鋼原料事業(鉄スクラップを主要取扱商品とするトレード業務)を吸収分割により伊藤忠メタルズに承継する基本合意契約を締結したと発表した。

伊藤忠メタルズは、2008年4月に伊藤忠商事から金属原料ビジネス(鉄スクラップトレード・総合リサイクル関連業務)を承継して業容を発展させており、更なる拡大・発展の一手を探し求めていたなか、住商鉄鋼販売からの打診に基づき、検討・交渉を続けてきたもの。

対象事業は、特に関西地区の業容・業績に優れ、伊藤忠メタルズの既存事業との補完性が非常に高く、また東京を含めた鉄スクラップ業界での豊富な経験を有する従業員の同時承継は本事業の拡大に留まらず、今後の伊藤忠メタルズ全体の発展に大いに資するものと判断するに至った。
一方、住商鉄鋼販売は、建材・製鋼原料事業再編を検討する中で、製鋼原料事業を伊藤忠メタルズに譲渡する事により建材事業の再編及び製鋼原料事業の更なる競争力の強化、発展に繋がると判断するに至った。

今後は、両社で製鋼原料事業の更なる拡大に取組むと共に、総合リサイクル関連事業の展開を加速させていく考え。