M&Aニュース検索

電通(4324)、メディカル領域専門エージェンシーを買収 組織対応力強化へ

  • 2
  • 2015年8月3日

(株)電通【4324】は、医療用医薬品のマーケティング・コミュニケーションに特化した、メディカル領域専門のエージェンシー「(株)シナジーメディカルコミュニケーションズ」(以下「シナジーMC社」)の株式100%を、同社の親会社であるアポプラスステーション(株)から平成27年7月31日付で取得すると発表した。

現在電通グループは、国内におけるメディカル領域の専門サービスを「電通サドラー・アンド・ヘネシー(株)」を通して提供しているが、医療用医薬品については同一疾患に対応した複数の製品を同一社で取り扱うことができないため、受注キャパシティー面で課題があった。

今回の買収はこれらの課題に対応したもので、シナジーMC社が電通グループに加わることで第2系列が整備され、メディカル領域への組織対応力を高めることができるとしている。

今後はBtoC領域における電通グループならではの知見・ノウハウにメディカル領域の高い専門性を融合させることで、更なるサービス・イノベーションに取り組む考え。