M&Aニュース検索

ヴィンクス(3784)、連結子会社を吸収合併 経営基盤の強化へ

  • 4
  • 2015年7月29日

(株)ヴィンクス【3784】は、平成27年7月28日開催の取締役会において、ヴィンクスの完全子会社である(株)エス・エフ・アイを吸収合併することを決議し、平成27年7月28日付でエス・エフ・アイとの間で本合併に係る合併契約を締結しと発表した。

ヴィンクスグループは、流通サービス業に特化し、独自の事業領域で独自のビジネスモデルの確立を図りながら事業展開を行っており、それぞれの市場でNo.1のポジションを確立できるビジネスユニットの育成促進を行い、競争力の高いビジネスユニットの集合体企業グループを目指している。 エス・エフ・アイはヴィンクスの完全子会社として、百貨店向けに特化したビジネス展開を行っている。

ヴィンクスグループは本合併により経営資源を結集し、業務の効率化を推し進めることにより、収益力を高め、経営基盤の更なる強化を図るため、同社の吸収合併を行う。

合弁の方法は、ヴィンクスを存続会社とする吸収合併方式で、エス・エフ・アイは解散する。