M&Aニュース検索

6096

レアジョブ(6096)、三井物産と資本業務提携 事業拡大へ

  • 6
  • 2015年7月22日

(株)レアジョブ【6096】は、平成27年7月22日の取締役会決議において、三井物産(株)との間で資本業務提携契約の締結及び同社に対する第三者割当について決議したと発表した。

レアジョブは、「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」を事業ミッションに、マンツーマンオンライン英会話を主たる事業として展開している。

三井物産は、国内及び海外にて長年に亘り幅広い領域で事業展開し、取引先から高い信頼を得ている他、海外展開や新規事業の創発に大きな強みを持っており、 近年では教育事業分野に進出し、米国やブラジルのオンライン教育関連企業や、英国の高等教育関連企業へ出資参画するなど、国内の複数の教育関連企業と新規事業開発を推進している。

レアジョブと三井物産は、グローバル社会の共通言語としての英語へのニーズが高まっている時代の 趨勢を捉え、レアジョブが創業以来培ってきた英語教育と ITテクノロジー及び三井物産の持つ国内外子会社や支店等を合わせて140を超える事業拠点を軸としたグローバル総合力を以て、両者の事業収益の拡大を実現し、共に企業価値を向上させることが可能と判断し、資本業務提携契約を締結することで合意したもの。

資本提携の内容として、レアジョブは第三者割当増資により、三井物産にレアジョブの普通株式319,000株(第三者割当増資後の所有議決権割合13.82%、発行済株式総数に対する所有割合13.82%)を割り当てる。発行価額は1株につき1,765円で、調達資金の額は563,035,000円となる。