M&Aニュース検索

レディスブランドのAbundance、破産手続き開始決定

  • 5
  • 2015年7月16日

レディスブランドの(株)Abundanceは7月8日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には鈴木みき弁護士(光和総合法律事務所)が選任された。

Abundanceは、平成22年に大手アパレル会社で執行役員を務めた野村学氏が独立して設立。香港発のSPAブランドの姉妹ブランド「2%TOKYO」を展開していた。レディスアパレル卸に加え直営小売店による一般小売り、通販も行っていた。アイドルグループSKE48の松井玲奈さんが、テレビ番組で同社製品を紹介したり、歌手の西野カナさんがCDジャケットの撮影侍に着用するなど、知名度も徐々に上げていた。

25年2月期中に新宿ルミネエスト店、渋谷PARCOパート1店、大阪梅田EST店を開店し、その後も新規出店を続けていた。しかし、消費低迷や他社との競合から売上不振が続き、事業継続を断念。4月27日に全店舗を閉店していた。
債権届出期間は8月5日まで、第1回債権者集会は10月16日午後3時より。

東京商工リサーチによると、負債総額は3億3,610万円。