M&Aニュース検索

キャプチャ

資生堂(4911)、子会社をアインファーマシーズへ譲渡 ブランドポートフォリオ再構築

  • 1
  • 2015年6月30日

(株)資生堂【4911】は、子会社で化粧品販売を手掛ける(株)アユーララボラトリーズ(以下「アユーラ社」)の株式および関連資産を(株)アインファーマシーズに譲渡すると発表した。なお、譲渡価格は非開示。

資生堂は、中長期戦略の実現に向け、ブランドポートフォリオの再構築を進めている。骨太のブランドを育成すべく経営資源の投下先を絞り込む中で、「アユーラ」ブランドに係る事業を行うアユーラ社の株式および関連資産の譲渡を検討。

アインファーマシーズは調剤薬局国内シェア1位であるほか、都市型を中心としたドラッグ&コスメティックストアを展開しており、近年はビューティー領域への取り組みも強化している。

アインファーマシーズは、「アユーラ」ブランドを、今後の資生堂のビューティー領域への展開に際し他社との差別化に力を発揮できるブランドとして評価していることなどから、今回、資生堂からアユーラ社の株式を取得するに至った。