M&Aニュース検索

東京TYフィナンシャルグループと新銀行東京、経営統合で基本合意 首都圏での基盤強化へ

  • 1
  • 2015年6月12日

金融持株会社の(株)東京TYフィナンシャルグループ(以下「東京TYFG」)と(株)新銀行東京は、経営統合に向けて協議していくことで基本合意したと発表した。

東京TYFGは、首都東京に本店を置く地方銀行である(株)東京都民銀行と(株)八千代銀行が、昨年10月に発足した地方銀行グループで、金融プラットフォームサービス‘Club TY’を中心にビジネスマッ チングや事業承継相談などコンサルティング機能を活かしたワンストップでの金融サービスの提供な ど、統合効果の早期発揮のための様々な施策に取り組んでいる。

新銀行東京は、技術力や将来性等に優れた都内中小企業の資金調達を支援するため、東京都の中小企業支援策の一環として、平成16年4月に発足した地域金融機関で、東京都と幅広く連携しながら、 地域中小企業や地域経済活性化への持続的貢献を担うべく取り組んでいる。

東京TYFG及び新銀行東京は、ともに首都東京における地域金融の担い手としてそれぞれの強みを活かしながら、地域金融の円滑化及び地域経済の発展に貢献してきたが、中小企業支援と いう共通の経営目標を有するとともに、経営統合による相乗効果も期待できることから、経営統合に向けて協議・検討していくことに至った。