M&Aニュース検索

パナソニックヘルスケアHD、独の医療機器メーカーを買収 糖尿病ケア分野を強化

  • 2
  • 2015年6月11日

医療機器メーカーのパナソニック ヘルスケアHD(株)(以下「PHCHD」)は、Bayer Aktiengesellschaft(以下「Bayer AG」)とBayer AGの子会社であるBayer HealthCare傘下のバイエルダイアベティスケア事業(以下「BDC」)の株式および資産譲渡契約を締結したと発表した。買収価格は、10億2,200万ユーロ(約1,380億円、1ユーロを135円として換算)。

BDCは世界中で糖尿病患者および医療従事者向けに血糖値測定システムを提供する企業で、Bayer AGとして事業を展開し、現在では125カ国以上で事業を行っており、2014年の売上高は9億900万ユーロ。

PHCHDは2014年以来、大手グローバル投資会社のKKRからの投資を受けているヘルスケア企業で、傘下のパナソニックヘルスケア(株)の診断薬事業部を通じて、糖尿病患者向け血糖値測定器・センサーの開発製造を手掛けている。

今回の買収によりPHCHDは、顧客のニーズに応え、世界中の糖尿病患者向けに高品質かつ生活の質の向上を目指す製品提供の取組みを強化していくことで、糖尿病ケア分野におけるグローバルトップクラスの企業を目指すとしている。