M&Aニュース検索

住友ゴム工業(5110)、米Goodyearと提携解消

  • 3
  • 2015年6月5日

住友ゴム工業(株)【5110】は、4日、米Goodyearとの提携を解消すると発表した。

住友ゴム工業とGoodyearは、1999年6月にアライアンス契約を締結し、同年9月より北米・欧州・日本での合弁事業を開始。北米・欧州・日本において共同でタイヤ事業を行うための4つの製造・販売合弁会社の設立、両社の競争力強化を図った技術交流・共同開発、共同購買のための2つの合弁会社の設立、株式の相互持ち合いなどを推進してきたが、2014年1月10日付でGoodyearから住友ゴム工業とのアライアンス契約および合弁事業の解消に関する国際商業会議所への仲裁申し立てがあり、住友ゴム工業がGoodyearと継続的に協議を重ねた結果、2015年6月4日付でアライアンス契約および合弁事業の解消について合意に達したという。

「ダンロップ」商標は、住友ゴムは北米の日系メーカー向けと日本、ロシアや中近東、アフリカなど33カ国で使用権を持ち、Goodyearは北米の非日系メーカー向けと欧州で使用権を引き継ぐ。

住友ゴムは今後、ダンロップは日本や新興市場を中心に展開する一方、モータースポーツで欧州を中心に認知されている「ファルケン」をグローバルブランドとして世界販売を拡大したい考え。