M&Aニュース検索

ヤマトHD(9604)、オリックス環境より機密文書の処理・リサイクル事業を譲受

  • 2
  • 2015年5月8日

ヤマトホールディングス(株)【9604】(以下「ヤマトHD」)は、グループ傘下のヤマトロジスティクス(株)(以下「YLC」)が、オリックス環境(株)との間で、オリックス環境が展開する機密文書の処理・リサイクル事業「ECOBox」を譲り受ける吸収分割契約書を締結したと発表した。事業開始は平成27年7月を予定。

YLCは、オフィス等で発生する機密文書を専用ポストで安全に回収する「機密文書プロテクトポスト」や、保管期限を過ぎた大量の機密文書をロールボックス単位で回収する「機密文書セキュアリサイクルパック」など、グループの輸送ネットワークを活用して機密文書の回収・処理サービスを手掛けている。

一方のオリックス環境も、段ボール1箱から機密文書を回収・処理するサービスや、東京23区内で専用車両を用いて機密文書を回収し当日中に処理を行う「ECOBox」事業サービスを展開している。

今回、市場規模約11億円とされる機密文書の処理・リサイクル事業で、YLCはオリックス環境が展開する「ECOBox」事業を譲り受け、増加する「機密文書専用の車両による回収」や「即日中の溶解処理」を求める金融関連などの事業者ニーズに応え、ラインナップを拡充し、機密文書処理・リサイクル事業の拡大と収益向上を図る。