M&Aニュース検索

大王製紙

北越紀州製紙(3865)、カナダのパルプ製造会社2社を完全子会社化

  • 10
  • 2015年3月27日

北越紀州製紙(株)【3865】は、2月20日付で、三菱商事(株)【8058】よりカナダでパルプ製造事業を展開するAlpac Forest Products Inc.(以下「AFPI」)の70%の株式及びAFPI が製造するパルプの販売事業を展開するAlpac Pulp Sales Inc.(以下「APSI」)の100%の株式を取得し両社を子会社化すること発表したが、3月27日開催の取締役会において王子ホールディングス(株)【3681】からAFPIの残り30%の株式を取得し、完全子会社化すると発表した。

取得価格は、三菱商事から取得するAFPI及びAPSI株式の価額(約49.5億円)51.8百万カナダドル、王子ホールディングスから取得するAFPI株式の価額(約22億円)23.1百万カナダドル。
株式取得実行日は、 平成27年6月中旬(予定)。

北越紀州製紙は、AFPI及びAPSIを完全子会社化することで、世界的に需要拡大が続く市販パルプ事業に本格的に進出し、国際競争力と収益基盤をさらに強化させる。
北越紀州製紙グループは、新たに取得した市販パルプ事業という川上分野から紙の加工に至る川下分野まで、紙パルプ事業のバリューチェーンの全ての段階において事業展開を狙う。