M&Aニュース検索

事務用品等販売の志正堂、特別清算開始決定

  • 1
  • 2015年2月18日

(株)志正堂は、2月6日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。

大企業や中小企業などの販路を通じて、文具・事務用品、オフィス家具や家電、ノベルティなど幅広いアイテムを扱い、2006年9月期には年売上高約204億1500万円を上げていた。

その後、ネット通販業者の台頭で売り上げは減少、2014年3月期(2012年に決算期変更)の年売上高は約105億円までダウン。この間、資金支援を受けるなどして立て直しを図っていたが、売上減少に歯止めがかからず業況は好転しなかった。

このため、2014年12月に大手事務機器販売会社のグループ企業に全事業を継承したうえ、2015年1月1日付で存続期間の満了により解散し、今回の措置となった。

帝国データバンク及び東京商工リサーチによると、負債は2012年3月期末時点で約87億4900万円、その後に変動している可能性がある。