• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

建築工事のASS、民事再生法の適用を申請

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

愛知にある(株)ASSは、12月26日に名古屋地裁に民事再生法の適用を申請した。申立代理人は小林輝征弁護士(服部一郎法律事務所)。

ASSは、平成13年4月創業の建築工事業者であり、アパート・一般住宅などの建築工事を主体に不動産仲介・管理なども手がけていた。主力の建築工事については、地元資産家等からの元請が主体で、一般アパートのほか、サービス付き高齢者向け賃貸住宅も得意としていた。ピーク時となる平成25年5月期の売上高は約35億3500万円を計上。

しかしながら、施工物件の引き渡し代金がすぐに借入金の返済に充てられるなど資金繰りが厳しくなり、建設収入の大幅な落ち込みもあって、平成26年5月期の売上高は約13億7400万円まで低迷。資金繰りは一気に逼迫し、今後の見通しも立たないことから民事再生法の申請に至った。

帝国データバンク・東京商工リサーチによると、負債は、2014年5月末時点で約47億4695万円の見通し。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy